今更聞けない人に。CMSのすすめ ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館 メルマガバックナンバー 第5講 「その他大事なこと」 忍者ブログ
このブログはメールマガジン「ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館」のバックナンバーを公開しています。 メルマガの概要は、主として年収800万超のサラリーマンの皆さんにとって有意義な情報をお届けさせていただいております。 「お小遣い」「お金」「副業」の3つをキーワードに役に立つ情報を厳選してお届けします。 また、自ら実践中のネットビジネス活動の経過報告も時折紹介させて頂きます。 メルマガ発行者は宅建主任者&AFPの資格保有現役サラリーマンです。
[16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 国債が大暴落する日も、近いとされています。
 
そうなるであろう、理由は、こうです。
 
ニュースによると政治家は、政策より派閥争いばかりですが、その間にも日本経済は、悪化を続けています。
 
先進国の中で、日本の株価のみが、バブル崩壊以降、なんと3割も低くなっています。
 
他国が回復してきているのにもかかわらず、日本は回復のきざしすら、ありません。
 
産業と並んで、株式も活性化しなくては、経済は復興しません。
 
そこへ、無能な政策が、余計景気に悪影響を与えます。
 
日本の政治家や日銀などの金融関係者らが、国際社会で負け続けてきたという、情けない事情が、ようやくわかるようになってきた。
 
というのが、今の日本の現状なのです。
 
そこへもって、判断力のない国民が、株式・国債を無鉄砲に買いあさります。
 
とりわけ、債務超過の政府が発行する国債なぞ、最たるアブナイもの。
 
この10年で日本の預金残高は40兆円増えましたが、株式資産残高は25兆円減りました。
 
それは、キャンペーンにかぶれた無能な国民が、国債を買い、その95%が国内貯蓄でまかなわれて、見かけ上国債は安定しているかのように見えます。
 
また、バブル崩壊後、円高になっていくのが予想外のスピードで進み、株式市場が低迷を続けています。
 
それは、円の多くが国内で使われずに国外に流出、西欧の新たなバブルを促進してきたから。
 
海外からの圧力によって西欧のバブルをつくるために恣意的に円高にされてきたのです。
 
この外圧に、日本の政治家、日銀は、屈してしまっています。
 
これから、まず、ドルが暴落して、円急騰します。
 
次いで日本株が暴落して国内の輸出関連企業が破綻します。
 
で、ついには、金融破たんしてしまうのだそうです。
 
この専門家の予想図が、着々と進んでいるそうです。
 
だから、日本の国債バブル、産業の復興に見合っていない円高・国債買いは、意図的なものです。
 
円安誘導のため、円暴落の布石となるようにするためです。
 
で、近いうちに、国債が大暴落する時がきます。
 
このタイミングで海外投資家は日本国国債をハイエナのように買いあさるのです。
 
この予想が当たれば、外国の投資家は日本国債を運用して、為替差益を、がっぽり稼ぎます。
 
こうなるのを国際金融資本家は、今か今かと待っています。
 
その代表が中国なのです。
 
中国企業の、国際的競争力は、すごいです。
 
そのうち、中国の株式市場も、活性化し、それの肥やしに、日本の証券市場を利用しようという、気構えでいます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
猪熊貴明
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/06/03
職業:
サラリーマンです
自己紹介:
まずは基本知識を身につけてから!
お小遣い稼ぎを始めましょう!
メルマガ
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索
効果抜群!即実行
マーケット情報
口座開設はこちら
口座開設はこちら
口座開設はこちら
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館 メルマガバックナンバー All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]