今更聞けない人に。CMSのすすめ ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館 メルマガバックナンバー 第3講 「不動産投資の本来のデメリットとは?」 忍者ブログ
このブログはメールマガジン「ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館」のバックナンバーを公開しています。 メルマガの概要は、主として年収800万超のサラリーマンの皆さんにとって有意義な情報をお届けさせていただいております。 「お小遣い」「お金」「副業」の3つをキーワードに役に立つ情報を厳選してお届けします。 また、自ら実践中のネットビジネス活動の経過報告も時折紹介させて頂きます。 メルマガ発行者は宅建主任者&AFPの資格保有現役サラリーマンです。
[42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 不動産投資のデメリットは、マイホームと同じようにローンを組む、すなわち借金をする点です。
 
借金をしてまで投資する。
 
仮に中学生に話しても、理解してもらえないでしょう。
 
我々大人は、不動産投資会社の、キレイなフローチャートなぞ、見せられると、納得してしまいますが。
 
この、利益が積み重なっていく絵図は、今組んだローンの利息が不変で空室も無い状態での、理想形。物価が上昇の割には、金利がいたずらに上昇してしまった時には、絵に描いた餅で終わります。
 
組んでいるローンの利息が増えてしまうので、家賃収入に対して、ローンを差し引いた収益が少なくなるという、困った事態が生じてくるのです。
 
そのうえ、空室でも出たら、悲劇的です。
 
だから、中学生が聞いても解らないような、儲け話は何でも、疑ってかかるのが、堅実という話です。
 
つまり、借金してまで投資するシステムは、金利の上昇に対しては、極めて脆弱なのです。
 
自己資金だけでマンションを投資できれば、問題はないのですが。
 
また、地震・水害・火事などの自然災害で、建物自体がダメージを受けたり、最悪、倒壊するリスクすらあります。
 
だから、余裕があれば、日本全国に、分散してマンションを持っておくという、リスク分散も考えられます。
 
あるいは、回転率は悪いけれど、沖縄に持つとか。
 
台風は有名ですが、地震は極めて少ないのだそうです。
 
それゆえ、顧客の情報を預かる、某サーバーが、沖縄に設置されているという、話も聞きます。
 
災害とまでいかなくても、日本は、高温多湿が基本です。
 
建物自体が、極めて劣化しやすいのです。それは、文化財の保護自体が、困難なのを見ると、わかりますね。
 
建物自体の修繕費用が、家賃収入を上回ってしまうという、笑えない話も出てきています。
 
また、修理してキレイにしておかないと、入居者が出ず、空室になってしまします。
 
それから、かなり、まとまったお金が必要となって手放す場合でも、不動産は、意外とすぐには売れないのです。
 
好景気の時は、劣化したアパート付きの土地でも、建築用地としての需要はありました。が、今は、不況なので、取り壊し料ウン百万円を払ってまで、手に入れたい人は少ないのです。
 
また、買い手がついた場合でも、手数料などの諸経費が、馬鹿にならないという、話があります。
 
このように、株式や先物取引と同じく、リスクがあります。
 
だから、玄人さんでも知らないような、コアで有効な情報を、充分集めてからでないと、数少ない勝ち組にはなれないのです。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
猪熊貴明
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/06/03
職業:
サラリーマンです
自己紹介:
まずは基本知識を身につけてから!
お小遣い稼ぎを始めましょう!
メルマガ
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
効果抜群!即実行
マーケット情報
口座開設はこちら
口座開設はこちら
口座開設はこちら
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館 メルマガバックナンバー All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]