今更聞けない人に。CMSのすすめ ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館 メルマガバックナンバー 第5講 「不動産投資まとめ」 忍者ブログ
このブログはメールマガジン「ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館」のバックナンバーを公開しています。 メルマガの概要は、主として年収800万超のサラリーマンの皆さんにとって有意義な情報をお届けさせていただいております。 「お小遣い」「お金」「副業」の3つをキーワードに役に立つ情報を厳選してお届けします。 また、自ら実践中のネットビジネス活動の経過報告も時折紹介させて頂きます。 メルマガ発行者は宅建主任者&AFPの資格保有現役サラリーマンです。
[44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
 
日本に限定してみれば、地価と株価が、極めて高い相関関係があります。
 
それは、一時的にもロングスパンでも、変わりません。
 
上場企業の不動産は全資産の30%くらいのものです。
 
ですが、諸外国に比べて、異常に相関が高いのです。
 
どうしてなのでしょうか?それは、平成初期のバブル崩壊後、日本は、R&D=R Research研究D Development開発といった技術ショック=進歩がないからです。
 
今、世界に誇れるのは、アニメなどのオタク文化くらいなものです。
 
いにしえの昭和では、産業立国として、日本製の工業製品は、世界の市場を席巻していました。ですが、日本の企業の工場が、賃金の安い中国に取って代わられつつあります。
 
デザインや設計は日本でしても、作るように発注されているのは、中国です。
 
研究開発は日本でしているからいいでしょう?とは、なりません。工場自体が、国外へ行くと、技術や人材なども海外に流出し、日本には現場を知らない人間ばかりが残るのです。
 
産業の空洞化が、止まらないのです。ですが、先進国G7と中国・インドは、技術革新が続いています。
 
中国・インドは、先進国の進出や人口で、発展しているのでは、ありません。技術革新も、すごいのです。
 
証拠に、アメリカなどに来ている留学生は、アメリカ本国の学生より優秀です。ですが、日本は、平成に入って以来、停滞ムードです。
 
理由は様々ですが、悪しきゆとり教育により、若者が勉強してまで、立身出世したいと思わなくなりました。
 
そこへ、そこそこ便利な生活が保障されていると、ハングリー精神が無くなります。
 
大人たちの経済政策の失策も、努力しても報われない社会だ、という認識を若者たちに植えつけました。そうした、資源のない日本で唯一の宝であった人材も育たず、地価で株価に、下駄をはかすしかないのです。
 
僅かな希望は再開発。
 
日本には、高度成長期のビルが、劣化してきて、すごい数の建替えビル予備軍が出てきています。
 
これを作りかえれば、まず、建設関係から潤い、同時多発的に、ほかの産業も、底上げされます。が、資金繰りや不動産の権利の調整が難しく、進まないのが現状です。
 
そこへ、外資が、再開発をハイジャックしつつあります。
 
これと併せて、産業の空洞化。日本の社会自体が、斜陽なのです。
 
だから、土地ころがしのみにたよらない、不動産価格の上昇を通じて、株式を含む資産価値の向上を狙うことがいいと思います。
 
もちろん、停滞している技術開発、これもあわせて行わないといけません。
 
加えて、不動産投資は、他人の作った富で、稼いでいるという事実を忘れてはいけないでしょう。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
猪熊貴明
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/06/03
職業:
サラリーマンです
自己紹介:
まずは基本知識を身につけてから!
お小遣い稼ぎを始めましょう!
メルマガ
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
効果抜群!即実行
マーケット情報
口座開設はこちら
口座開設はこちら
口座開設はこちら
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館 メルマガバックナンバー All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]