今更聞けない人に。CMSのすすめ ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館 メルマガバックナンバー 第2講 損害保険投資の本来のメリットとは? 忍者ブログ
このブログはメールマガジン「ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館」のバックナンバーを公開しています。 メルマガの概要は、主として年収800万超のサラリーマンの皆さんにとって有意義な情報をお届けさせていただいております。 「お小遣い」「お金」「副業」の3つをキーワードに役に立つ情報を厳選してお届けします。 また、自ら実践中のネットビジネス活動の経過報告も時折紹介させて頂きます。 メルマガ発行者は宅建主任者&AFPの資格保有現役サラリーマンです。
[51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 損害保険のメリットは、投資というより、リスクに対する備えになります。
 
例えば、住宅火災保険や住宅総合保険と銘打たれているモノに対して、メリットを挙げてみましょう。
 
住宅総合保険は、建物のみなのか?建物と家財なのか?で補償のカバーできる範囲が違います。
 
範囲が違えば、料金も違ってきます。
 
補償の範囲と状況によって保険金が下りたり下りなかったりします。
 
だから、家財まで補償をつけるのか?どんな種類の災害に補償されるのか?について、事前に確認しておかなければなりません。
 
見えにくい字で書いてありますが。
 
火災保険に入っておくメリットは、家の周りが火事になって、家に燃え移った場合です。
 
法律では、隣からは賠償はしてもらえないので、火災保険に入っておかないと、補償されません。
 
例えば、クセモノなのは、台風なんかの落雷・水濡れ。必ず、家財とセットで加入しないと、被害がカバーできないという事実。
 
建物が台風で損害を受けら、建物のみに加入していれば補償されます。
 
強風でトタンや看板なんかが飛んできた、自動車の衝突などでも補償されます。
 
なので、国道に面していたり、公園のボール遊びなどで、窓がやれれるところでは、加入しておいたほうがいいでしょう。
 
が、落雷でパソコン・テレビ・マイコンジャーなどの家電製品が壊れたとしたら、家財にも保険が掛ってないと補償されないのです。
 
最近の異常気象による落雷で、家電製品の損害が増えてきています。
 
家財にも保険をかけておかなければ、なりません。住宅総合保険にオプションである家財保険に加入していないと、効力がないのです。
 
オプションの分高くなりますが、しょうがないです。
 
また、自宅建物の中で、ある家財道具に損害があった場合に補償されるものゆえ、建物の外に止めているバイクなどには、補償されない場合もあります。
 
水周りが損れて壁や床にダメージがあった場合には、建物の火災保険がカバーしています。
 
火災保険は、名前からして、火事だけの保険かと言う印象を受けます。
 
が、契約内容には、それだけではなくって、落雷・台風・雪・車の衝突・盗難に対する保障が、付いている契約もあるのです。
 
例えば、風呂の水の入れすぎで漏れた水が、周囲にダメージを与えても、家財に関するオプションに加入していないと、保険金は下りないのです。
 
気をつけてください。水周りに対する補償というのは、水漏れ損害だけに補償されます。浴室の設備や水道管の修理は、保険が下りません。
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
猪熊貴明
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/06/03
職業:
サラリーマンです
自己紹介:
まずは基本知識を身につけてから!
お小遣い稼ぎを始めましょう!
メルマガ
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索
効果抜群!即実行
マーケット情報
口座開設はこちら
口座開設はこちら
口座開設はこちら
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館 メルマガバックナンバー All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]