今更聞けない人に。CMSのすすめ ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館 メルマガバックナンバー 第5講 その他情報 忍者ブログ
このブログはメールマガジン「ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館」のバックナンバーを公開しています。 メルマガの概要は、主として年収800万超のサラリーマンの皆さんにとって有意義な情報をお届けさせていただいております。 「お小遣い」「お金」「副業」の3つをキーワードに役に立つ情報を厳選してお届けします。 また、自ら実践中のネットビジネス活動の経過報告も時折紹介させて頂きます。 メルマガ発行者は宅建主任者&AFPの資格保有現役サラリーマンです。
[54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

損害保険は、苦戦が続いているものの、一方で例外的に自動車保険は、入れ食い状態なんだそうです。 当然、車生活には欠かせませんからね。 ただ、自動車保険には、継続については、注意が必要なのです。 うかうか、保険会社に言われるままに更新していると、生命保険などと違って、次第に目減りしていく商品なのです。 それは、なぜなんでしょう?1年間無事故ならば、次の年の保険料は、安くなります。 それが続けば、どんどん安くなっていくのです。 が、保険会社店は、それでは損になるので、保険料を目減りさせないように、どうにかして特約をつけさせようと、必死なのです。 これが、目減りするカラクリです。 契約更新の案内がきたら、頼んでもいないのに、新規の特約が、ついていたりします。 新規の特約がなくて、前の年と同じ契約内容であれば、無事故なら30,000円くらいは安くなるのにもかかわらずです。 特約の追加のせいで、年間15,000円くらいしか安くならないのです。 なぜか、前の年より高い保険料を、出してくる場合もあります。 せっかく無事故できた特権を享受しなければなりません。 なぜかと言うと、普通のメーカーとかにぶらさがって、利益を得ている保険業界が不振ですので、保険会社は、必死に取れる所から取ろうとしているからです。 わけがわからない特約を、向こうで勝手につけられてしまう前に、きちんと契約書に目を通して、手続きをしてください。 機械的に書面を整えるだけでは、いけません。 普通のメーカーにぶらさがって、とは、顧客から集めた保険料を、株式で運用しているからですよ。 今、不景気なので、運用がうまくいかないのです。で、お得な、年間保険料が約2000円の個人賠償保険などは売らないのです。 保険会社としては、損になりますからね。 個人賠償保険とは、普通に生活していて、賠償請求が来た場合に、補償が下りる保険です。 例えば、イベント会場の展示品を壊してしまったり、下の階への水漏れさせてしまった場合などが、カバー範囲になります。 修理代を請求された場合、ウン十万とか、大きい額になります。 そういうのを、フォローしてもらえるのです。 個人賠償保険は、火災保険などに加入していた場合には、特約としてついている場合があります。 よく、証書などに書いてるのに、気づかないので、よく見てください。 内容がわからなければ、損ですよね。もし、特約がついていないなら、即付けてください。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
猪熊貴明
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/06/03
職業:
サラリーマンです
自己紹介:
まずは基本知識を身につけてから!
お小遣い稼ぎを始めましょう!
メルマガ
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索
効果抜群!即実行
マーケット情報
口座開設はこちら
口座開設はこちら
口座開設はこちら
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館 メルマガバックナンバー All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]