今更聞けない人に。CMSのすすめ ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館 メルマガバックナンバー 第2講 生命保険投資の本来のメリットとは? 忍者ブログ
このブログはメールマガジン「ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館」のバックナンバーを公開しています。 メルマガの概要は、主として年収800万超のサラリーマンの皆さんにとって有意義な情報をお届けさせていただいております。 「お小遣い」「お金」「副業」の3つをキーワードに役に立つ情報を厳選してお届けします。 また、自ら実践中のネットビジネス活動の経過報告も時折紹介させて頂きます。 メルマガ発行者は宅建主任者&AFPの資格保有現役サラリーマンです。
[56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
 
生命保険のメリットは、保険金受け取りの権利が一生続く点です。
 
保険をかけてきた被保険者が亡くなったり、高度の障害になった場合、指定した受取人に保険金が下ります。
 
そして、受取人の権利は、被保険者が亡くなるまであります。
 
契約を続ける限り必ず、契約した保険金額を受け取ることが出来ます。
 
例えば、30歳で契約して、60歳で解約すると、30歳の時に契約した解約払い戻し金を受け取れます。
 
十数年前、保険会社が倒産したりしていました。
 
それは、この解約返戻金の支払いや、保険金の支払いが、大きな負担(業界用語で逆ザヤ)になってしまったからです。
 
なぜ負担になるのかと言うと、バブル時には、現在のような景気低迷・低金利で、徴収した保険料の運用がうまくいかない事態が、予想されなかったからです。
 
こうした定額終身保険ではなくて、変額終身保険・利率変動終身保険・積立利率変動終身保険などは、解約返戻金や保険金額が保険会社の運用によって増減します。
 
景気による影響を契約者が負担してくれるので、保険料は安いです。
 
マイナーな存在なので、あまり知られていませんが、この違いは大きいです。
 
定額は運用によるリスクを保険会社が引き受け、変額は契約者が引き受けるのです。
 
生命保険は、契約時の料金が変わりません。
 
例外的に、ステップ払いという、保険期間払込の途中で保険料が上がる契約もあります。
 
ステップ払いと記載されています。ただ、保険の説明書は、こうした但し書きが見えにくい字で書かれているので、きわめて厄介です。
 
定額終身保険では、老後の資金作りができます。
 
60歳で払い込み終わる契約で、65歳で解約した場合。
 
長らく支払ってきた保険料をまだ使っていないので、保険会社はこれから要るであろう保険料を返還してくれます。
 
これが生命保険特有の解約返戻金となります。とりわけ、終身保険で短期払いにできた場合は、保険料を払い終わった後、おおよそ5年くらいで、解約して得られる返戻金は、それまで支払った保険料より高くなります。
 
それじゃ、生命保険会社が損なので、業界の回し者と思しきファイナンシャルプランナーは、終身保険は、インフレで貯めた支払い金が無駄になる。
 
だから、資産形成とはならない、終身保険を死亡保障にとしか有効でないと言います。
 
とりわけ、主婦雑誌の家計相談において、保険料負担のみをあげつらい、解約させるケースが非常に多く、注意を要します。
 
記事の通りすると、せっかく支払ってきた保険料を、捨てるようなもの。
 
不動産などの資産形成にない旨み、積立期間に、死亡保障がついている貯蓄の一種なのです。
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
猪熊貴明
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/06/03
職業:
サラリーマンです
自己紹介:
まずは基本知識を身につけてから!
お小遣い稼ぎを始めましょう!
メルマガ
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索
効果抜群!即実行
マーケット情報
口座開設はこちら
口座開設はこちら
口座開設はこちら
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館 メルマガバックナンバー All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]