今更聞けない人に。CMSのすすめ ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館 メルマガバックナンバー 第3講 生命保険投資の本来のデメリットとは? 忍者ブログ
このブログはメールマガジン「ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館」のバックナンバーを公開しています。 メルマガの概要は、主として年収800万超のサラリーマンの皆さんにとって有意義な情報をお届けさせていただいております。 「お小遣い」「お金」「副業」の3つをキーワードに役に立つ情報を厳選してお届けします。 また、自ら実践中のネットビジネス活動の経過報告も時折紹介させて頂きます。 メルマガ発行者は宅建主任者&AFPの資格保有現役サラリーマンです。
[57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 変額終身保険・利率変動終身保険・積立利率変動終身保険など、いわゆる掛け捨て保険のメリットは、なんといっても、終身保険に比べて月々の保険料が安い点です。
 
加えて、保障期間を選べるゆえ、人生の計画が変われば保険もそれに合わせて、仕切り直ししやすいです。
 
しかし、この種の生命保険のデメリットは、契約期間満了時に満期保険金・解約返戻金が、一切戻って来ない点です。
 
それゆえ、昭和の頃は、損だと思う人が多かったです。が、平成に入って、景気悪化によるあらゆる金利の低下で、保険は保険、貯蓄は貯蓄、と割り切るケースが増えてきています。
 
そんな場合、安い保険料で掛け捨ての定期保険に入ったりします。
 
一方、終身保険のメリットは、死亡・重度の場合、保険金が一生降りる点。
 
保険料を払い込み終了後も、解約しない限りは、保険金が降りるのです。
 
解約した場合であっても、解約返戻金が戻ってきて、老後の資金になり得ます。
 
そのため、貯金の意味合いも出てきます。
 
そんな終身保険のデメリットは保険料が高くつく点。さらに、この保険金が降りるのは、遺族に対してで、契約者には旨みがありません。
 
死亡時のお金を、一生涯保障してもらう場合には、保険料はずっと返ってきません。
 
そういうのが、気になるならば、養老保険でしょう。
 
養老保険の場合ですと、損がありません。保険を払っている間に死亡しても、満期まで生きて保険金を払い続けても、同じ金額が降りてきます。
 
加えて、税金が安くなります。
 
一時所得扱いで、満期保険金から保険料累計額を差し引いた額が50万円までならば、非課税なのです。
 
ただ、掛け捨ての定期保険や普通の終身保険などより、高い保険料です。
 
なので、満期まで生きている場合ですと、貯金していたのと、変わらなくなります。
 
利回りが低くかったバブル崩壊直後までは、年金保険や養老保険など、貯蓄性を帯びた保険商品の利回りが、普通の預貯金などの利回りなどより、十分に大きく、保障プラス貯蓄の意味で保険に入る意義もありました。が、近年は保険料が値上がりし、年金保険の利回りは、多く見積もっても年1~2%です。
 
ずいぶん先、ウン十年先に使うであろうお金を、低金利のものに預けても、しょうがないでしょう。現地点でもそうですが、インフレは、今後もっとひどくなるかもしれません。
 
また、年金保険の中には、保険料が出ない場合もあるので、注意しないといけません。
 
保険料の支払いキツくなったら、解約あるいは一部解約しないといけない事態も生じるでしょう。
 
途中解約は、払った保険料より解約返戻金が少なく、利回りが低いです。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
猪熊貴明
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/06/03
職業:
サラリーマンです
自己紹介:
まずは基本知識を身につけてから!
お小遣い稼ぎを始めましょう!
メルマガ
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
効果抜群!即実行
マーケット情報
口座開設はこちら
口座開設はこちら
口座開設はこちら
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ファイナンシャルプランナー厳選 お役立ち情報館 メルマガバックナンバー All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]